木もれ日だより

  玉置神社にお参りする途中で見晴らしのいい所がありました。車を停めて眼下を見ると、十津川の青い水と折立や込之上の集落が見えました。十津川へ来られましたら、是非、標高の高い場所へ行かれることをお勧めいたします。1月15日撮影

  玉置神社へ初詣に行って来ました。玉置神社は、紀元前37年に創建されたと伝えられ、「熊野三山の奥院」といわれる古社です。標高1000mの山中にあるので時間と脚力が必要ですが、途中見える山なみは素晴らしく、晴天の今日は、護摩壇山まで見ることができました。また、駐車場からお社まで軽い上りが続きますが、大木の樹木が出迎えてくれ清々しい気持ちでお参りさせてもらいました。1月15日撮影

   今日は朝から晴天で心地よい風が吹いているので、切り干し大根を作るため、大根を干しました。いいお天気だと、何か干したくなります。今は、大根の葉、さつまいも、みかんの皮、いりこの出し殻、にんじんの葉、赤ばらの花びらを干して楽しんでいます。1月11日撮影

 平成31年の元旦は、霜が降りましたが晴天の朝を迎えました。家の玄関にしめ縄をするように、このあたりでは、田畑にも写真のようにお供えします。榊、うらじろ(シダ)、正月しばの3つです。今年も作物が豊かに実る1年になるといいですね。1月1日撮影